OSDN Git Service

UPDATE: update version history and change version to 3.41 RC for testing purposes
[nucleus-jp/nucleus-jp-ancient.git] / utf8 / nucleus / documentation / help.html
index 7efe065..0cea7da 100644 (file)
 
 <div class="page">
 <h1>Nucleusポップアップ・ヘルプ</h1>
-<p>ファイル読み込み中、しばらく待ちください(ファイルサイズはおよそ170KBです)。</p>
+<p>ファイル読み込み中、しばらく待ちください(ファイルサイズはおよそ170KBです)。</p>
 </div>
 
 
 
 
 <div class="page"><a name="autosave"></a>
-<h1>Autosave</h1>
-<p>The Autosave function saves an item as a <a href="#draft">draft</a> after 10 minutes editing. It should avoid that unsaved changes get lost. It is usefull for users that work for a long time on an item and often forget to save their work.</p>
-<p>If you want to invoke Autosave before the 10 minutes are past, you can press the '<strong>Auto save now</strong>' button at the end of the form.</p>
-<p>The Autosave function can be enabled and disabled in the member options.</p>
+<h1>自動保存</h1>
+<p>最後に変更を加えてから10分後に、自動的に<a href="#draft">ドラフト</a>として保存する機能です。投稿、または編集途中に他の用事が出来て、記事を保存するのを忘れてしまった時などに、不用意に編集内容を失わずにすみます。</p>
+<p>もし、10分待たずに下書きを保存したくなったら、フォームの下の方にある「<em>ドラフト保存</em>」ボタンをクリックします。</p>
+<p>この機能は、メンバーごとの設定でオン、オフを切り替える事が出来ます。</p>
 </div>
 
 
@@ -347,13 +347,13 @@ super-adminとなるのは通常サイトの管理者ただ一人でしょう。
 <p>
 デフォルトでは、メンバーがログインするとブラウザにcookieが保存され、翌日に戻ってきたときに再びログインする必要がなくなります。クッキーの有効期間によって、いつ無効になるか決定されます。</p>
 <ul>
-    <li><strong>セッションごと</strong> ブラウザを終了させるとcookieは削除されます。</li>
-    <li><strong>一ヶ月</strong> 一ヶ月続けてサイトか管理領域を訪れないというようなことが無い限り、cookieはコンピュータに残り続けます。このオプションを使えば、おそらく再ログインする必要はなくなるでしょう。(自分でログアウトしたときや、他のコンピュータからログインするときは別ですが)</li>
+    <li><strong>セッションごと</strong> ブラウザを終了させるとcookieは削除されます。</li>
+    <li><strong>一ヶ月</strong> 一ヶ月続けてサイトか管理領域を訪れないというようなことが無い限り、cookieはコンピュータに残り続けます。このオプションを使えば、おそらく再ログインする必要はなくなるでしょう。(自分でログアウトしたときや、他のコンピュータからログインするときは別ですが)</li>
 </ul>
 
 <h2>CookieパスとCookieドメイン</h2>
 <p>
-これらは取り高度な設定です。通常は、cookieパスは単純にスラッシュ('/')、cookieドメインは空っぽの状態から変更する必要はありません。
+これらは高度な設定です。通常は、cookieパスは単純にスラッシュ('/')、cookieドメインは空っぽの状態から変更する必要はありません。
 </p>
 
 <h2>セキュアCookie</h2>
@@ -1473,7 +1473,7 @@ Nucleusはアイテム内の改行を、デフォルトで<code>&lt;br /&gt;</co
 <div class="page"><a name="media" id="media"><span class="invisible">media</span></a>
 <h1>メディア</h1>
 <p>
-Nucleusはメディアファイル(画像、動画、音楽など)をウェブサイトにアップロードすることができます。
+Nucleusはメディアファイル(画像、動画、音楽など)をウェブサイトにアップロードすることができます。
 </p>
 <p>
 このためにいくつかの設定が必要となります:
@@ -1484,7 +1484,7 @@ Nucleusはメディアファイル(画像、動画、音楽など等)をウ
     <li><strong>ファイルのアップロードを許可しますか?</strong>:ファイルのアップロードを不許可にすることができます</li>
     <li><strong>アップロードを許可するファイルタイプ</strong>:アップロードできるファイルの拡張子(複数必要な場合は、コンマで区切る)</li>
     <li><strong>アップロードファイルの最大サイズ</strong>:ここで設定したものよりファイルサイズの大きなものはアップロードすることができません。</li>
-    <li><strong>ã\82¢ã\83\83ã\83\97ã\83­ã\83¼ã\83\89ã\81\99ã\82\8bã\83\95ã\82¡ã\82¤ã\83«å\90\8dã\81®é ­ã\81«æ\97¥ä»\98ã\82\92ä»\98å\8a ã\81\99ã\82\8b</strong>ï¼\9aã\82¢ã\83\83ã\83\97ã\83­ã\83¼ã\83\89ã\81\95ã\82\8cã\81\9fã\83\95ã\82¡ã\82¤ã\83«ã\81®ã\83\95ã\82¡ã\82¤ã\83«å\90\8dã\81®å\85\88é ­ã\81«ã\80\81ç\8f¾å\9c¨ã\81®æ\97¥ä»\98ã\81\8cé ­ã\81«付加するかどうかを選択します。このオプションで「はい」を選んでいると、例えば 'bunny.jpg'という名前のファイルを2008年9月5日にアップロードしたなら、'20080905-bunny.jpg'というファイル名になります。何故こんな機能があるかというと、大量のファイルをアップロードしているときについ同じ名前を用いてしまう問題を避けるためです。</li>
+    <li><strong>ã\82¢ã\83\83ã\83\97ã\83­ã\83¼ã\83\89ã\81\99ã\82\8bã\83\95ã\82¡ã\82¤ã\83«å\90\8dã\81®é ­ã\81«æ\97¥ä»\98ã\82\92ä»\98å\8a ã\81\99ã\82\8b</strong>ï¼\9aã\82¢ã\83\83ã\83\97ã\83­ã\83¼ã\83\89ã\81\95ã\82\8cã\81\9fã\83\95ã\82¡ã\82¤ã\83«ã\81®ã\83\95ã\82¡ã\82¤ã\83«å\90\8dã\81®å\85\88é ­ã\81«ã\80\81ç\8f¾å\9c¨ã\81®æ\97¥ä»\98ã\82\92付加するかどうかを選択します。このオプションで「はい」を選んでいると、例えば 'bunny.jpg'という名前のファイルを2008年9月5日にアップロードしたなら、'20080905-bunny.jpg'というファイル名になります。何故こんな機能があるかというと、大量のファイルをアップロードしているときについ同じ名前を用いてしまう問題を避けるためです。</li>
 </ul>
 
 <p>
@@ -3344,11 +3344,11 @@ itemid入りの隠しフォームのインプット欄を挿入。
             </tr>
             <tr>
                 <td><em>yourname</em></td>
-                <td>訪問メンバーの<a href="#shortnames">表示される名前</a>(ログインに使うもの)</td>
+                <td>訪問メンバーの<a href="#shortnames">表示される名前</a>(ログインID)</td>
             </tr>
             <tr>
                 <td><em>yourrealname</em></td>
-                <td>訪問メンバーの本名</td>
+                <td>訪問メンバーのハンドルネーム(本名)</td>
             </tr>
             <tr>
                 <td><em>yournotes</em></td>
@@ -3376,11 +3376,11 @@ itemid入りの隠しフォームのインプット欄を挿入。
             </tr>
             <tr>
                 <td><em>name</em></td>
-                <td>指定されたメンバーの<a href="#shortnames">表示される名前</a>(ログインに使うもの)</td>
+                <td>指定されたメンバーの<a href="#shortnames">表示される名前</a>(ログインID)</td>
             </tr>
             <tr>
                 <td><em>realname</em></td>
-                <td>指定されたメンバーの本名</td>
+                <td>指定されたメンバーのハンドルネーム(本名)</td>
             </tr>
             <tr>
                 <td><em>notes</em></td>
@@ -4460,13 +4460,13 @@ Webページ出力時に、指定されたファイルを取り込んで挿入
     <td><a href="#parser-properties">パーサーのプロパティ</a>を設定</td>
 </tr><tr>
     <td><a href="#templatevar-image">image</a></td>
-    <td>メディア書庫へのインライン画像</td>
+    <td>メディア・ライブラリの画像をインライン表示</td>
 </tr><tr>
     <td><a href="#templatevar-popup">popup</a></td>
     <td>メディア・ディレクトリの画像をポップアップ</td>
 </tr><tr>
     <td><a href="#templatevar-media">media</a></td>
-    <td>ã\83¡ã\83\87ã\82£ã\82¢ã\83»ã\83\87ã\82£ã\83¬ã\82¯ã\83\88ã\83ªã\81\8bã\82\89ã\81®ä»\96ã\81®ã\83¡ã\83\87ã\82£ã\82¢ã\83»ã\82ªã\83\96ã\82¸ã\82§ã\82¯ã\83\88</td>
+    <td>メディア・ディレクトリの他のメディア・オブジェクト</td>
 </tr><tr>
     <td>relevance</td>
     <td>検索結果を表示するテンプレートに'search hit relevance'をインクルードする(2.5より)</td>
@@ -4699,11 +4699,11 @@ Webページ出力時に、指定されたファイルを取り込んで挿入
             </tr>
             <tr>
                 <td><strong><em>name</em></strong></td>
-                <td>投稿者の「<a href="#shortnames">表示される名前</a>」(ログインに使うもの)</td>
+                <td>投稿者の「<a href="#shortnames">表示される名前</a>」(ログインID)</td>
             </tr>
             <tr>
                 <td><strong><em>realname</em></strong></td>
-                <td>æ\8a\95稿è\80\85ã\81®ã\80\8cæ\9c¬å\90\8dã\80\8d</td>
+                <td>æ\8a\95稿è\80\85ã\81®ã\83\8fã\83³ã\83\89ã\83«ã\83\8dã\83¼ã\83 (æ\9c¬å\90\8d)</td>
             </tr>
             <tr>
                 <td><strong><em>id</em></strong></td>