X-Git-Url: http://git.sourceforge.jp/view?p=ffftp%2Fffftp.git;a=blobdiff_plain;f=howtobuild.htm;h=a2c76ba2fda8e1600eaa6e20e7c1301a18d10b04;hp=5e631939bb431db2f2acb87950073edad906790c;hb=2bffe82de6811b380d280099f638dd7b4cbb3404;hpb=0fe7b7b30512c20eafc6bfe227fb6fc1d9d73bf5 diff --git a/howtobuild.htm b/howtobuild.htm index 5e63193..a2c76ba 100644 --- a/howtobuild.htm +++ b/howtobuild.htm @@ -1,54 +1,69 @@ - - -SourceForge.JP”ÅFFFTP‚̃rƒ‹ƒh‚¨‚æ‚ÑŠJ”­‚̎菇‚ɂ‚¢‚Ä - - - -SourceForge.JP”ÅFFFTP‚̃rƒ‹ƒh‚¨‚æ‚ÑŠJ”­‚̎菇‚ɂ‚¢‚Ä
-
    -
  1. ƒrƒ‹ƒh‚̎菇
    - FFFTP‚ðƒrƒ‹ƒh‚·‚é‚ɂ͈ȉº‚̎菇‚ɏ]‚Á‚Ä‚­‚¾‚³‚¢B -
      -
    1. Visual C++ 2005‚ðŽg—p‚·‚éê‡ -
        -
      1. "FFFTP.sln"‚ðŠJ‚­B -
      2. •K—v‚ɉž‚¶‚ă\[ƒXƒR[ƒh‚ð•ÒW‚·‚éB -
          -
        1. ƒvƒƒWƒFƒNƒg‚̓}ƒ‹ƒ`ƒoƒCƒg•¶ŽšiShift_JISj—p‚ɐݒ肳‚ê‚Ä‚¢‚邪Aƒtƒ@ƒCƒ‹–¼‚ÌUTF-8‘Ήž‚É”º‚¢AŽÀÛ‚Ì“à•”Œ`Ž®‚ÍUTF-8‚Æ‚µ‚Ĉµ‚Á‚Ä‚¢‚éi\‘¢‚ɂ‚¢‚Ä‚Í"mbswrapper.c"‚¨‚æ‚Ñ‚»‚Ì‘¼‚̃\[ƒXƒR[ƒh“à‚̃Rƒƒ“ƒg‚ðŽQÆjB -
        2. ƒƒbƒZ[ƒW•¶Žš—ñ‚ɂ‚¢‚Ä‚Í"mesg-jpn.h"‚¨‚æ‚Ñ"mesg-eng.h"‚É‹Lq‚³‚ê‚Ä‚¢‚邪A•ÒW‚·‚éÛ‚Í"mesg-jpn.old.h"‚¨‚æ‚Ñ"mesg-eng.old.h"‚ðShift_JIS‚Å•Û‘¶‚µA"mbtoutf8.bat"‚ðŽÀs‚µ‚Ä•¶Žš—ñƒŠƒeƒ‰ƒ‹‚ðUTF-8‚É•ÏŠ·‚·‚éB -
        -
      3. •K—v‚ɉž‚¶‚ăŠƒ\[ƒX‚ð•ÒW‚·‚éB -
          -
        1. ’ljÁ‚̈ˑ¶ƒ‰ƒCƒuƒ‰ƒŠ‚Ì’˜ìŒ î•ñ‚́Aƒ_ƒCƒAƒƒOabout_dlg‚́uFFFTP‚Ífreeware‚Å‚·v‚̏ã‚̃eƒLƒXƒg‚É’Ç‹L‚µ‚Ä‚­‚¾‚³‚¢B
          - ¡Œã‚Ì‹@”\’ljÁ‚É”º‚¢’˜ìŒ î•ñ‚ª‘‚¦‚錩ž‚Ý‚Ì‚½‚߁AƒeƒLƒXƒg‚͈̔͂ð‘å‚«‚߂ɐݒ肵‚Ä‚ ‚è‚Ü‚·B -
        -
      4. ƒ\ƒŠƒ…[ƒVƒ‡ƒ“\¬‚©‚çuDebugv‚Ü‚½‚́uReleasev‚ð‘I‘ð‚·‚éB -
      5. ƒƒjƒ…[‚©‚çuƒ\ƒŠƒ…[ƒVƒ‡ƒ“‚̃rƒ‹ƒhv‚ð‘I‘ð‚·‚éB -
      6. –â‘肪–³‚¯‚ê‚Î"Debug\FFFTP.exe"‚Ü‚½‚Í"Release\FFFTP.exe"‚ª¶¬‚³‚ê‚éB -
      -
    2. Visual C++ 2008‚ðŽg—p‚·‚éê‡ -
        -
      1. "FFFTP.vc90.sln"‚ðŠJ‚­B -
      2. •K—v‚ɉž‚¶‚ă\[ƒXƒR[ƒh‚ð•ÒW‚·‚éB -
          -
        1. ƒvƒƒWƒFƒNƒg‚̓}ƒ‹ƒ`ƒoƒCƒg•¶ŽšiShift_JISj—p‚ɐݒ肳‚ê‚Ä‚¢‚邪Aƒtƒ@ƒCƒ‹–¼‚ÌUTF-8‘Ήž‚É”º‚¢AŽÀÛ‚Ì“à•”Œ`Ž®‚ÍUTF-8‚Æ‚µ‚Ĉµ‚Á‚Ä‚¢‚éi\‘¢‚ɂ‚¢‚Ä‚Í"mbswrapper.c"‚¨‚æ‚Ñ‚»‚Ì‘¼‚̃\[ƒXƒR[ƒh“à‚̃Rƒƒ“ƒg‚ðŽQÆjB -
        2. ƒƒbƒZ[ƒW•¶Žš—ñ‚ɂ‚¢‚Ä‚Í"mesg-jpn.h"‚¨‚æ‚Ñ"mesg-eng.h"‚É‹Lq‚³‚ê‚Ä‚¢‚邪A•ÒW‚·‚éÛ‚Í"mesg-jpn.old.h"‚¨‚æ‚Ñ"mesg-eng.old.h"‚ðShift_JIS‚Å•Û‘¶‚µA"mbtoutf8.bat"‚ðŽÀs‚µ‚Ä•¶Žš—ñƒŠƒeƒ‰ƒ‹‚ðUTF-8‚É•ÏŠ·‚·‚éB -
        -
      3. •K—v‚ɉž‚¶‚ăŠƒ\[ƒX‚ð•ÒW‚·‚éB -
          -
        1. ’ljÁ‚̈ˑ¶ƒ‰ƒCƒuƒ‰ƒŠ‚Ì’˜ìŒ î•ñ‚́Aƒ_ƒCƒAƒƒOabout_dlg‚́uFFFTP‚Ífreeware‚Å‚·v‚̏ã‚̃eƒLƒXƒg‚É’Ç‹L‚µ‚Ä‚­‚¾‚³‚¢B
          - ¡Œã‚Ì‹@”\’ljÁ‚É”º‚¢’˜ìŒ î•ñ‚ª‘‚¦‚錩ž‚Ý‚Ì‚½‚߁AƒeƒLƒXƒg‚͈̔͂ð‘å‚«‚߂ɐݒ肵‚Ä‚ ‚è‚Ü‚·B -
        -
      4. ƒ\ƒŠƒ…[ƒVƒ‡ƒ“\¬‚©‚çuDebugv‚Ü‚½‚́uReleasev‚ð‘I‘ð‚·‚éB -
      5. ƒƒjƒ…[‚©‚çuƒ\ƒŠƒ…[ƒVƒ‡ƒ“‚̃rƒ‹ƒhv‚ð‘I‘ð‚·‚éB -
      6. –â‘肪–³‚¯‚ê‚Î"Debug\FFFTP.exe"‚Ü‚½‚Í"Release\FFFTP.exe"‚ª¶¬‚³‚ê‚éB -
      -
    -
-Ž¿–â‚âƒTƒ|[ƒg‚Í‚±‚¿‚ç‚܂ŁB
-http://sourceforge.jp/projects/ffftp/ - - - + + +SourceForge.JP版FFFTPのビルドおよび開発の手順について + + + +SourceForge.JP版FFFTPのビルドおよび開発の手順について
+
    +
  1. ビルドの手順
    + FFFTPをビルドするには以下の手順に従ってください。 +
      +
    1. Visual C++ 2005を使用する場合 +
        +
      1. "FFFTP.sln"を開く。 +
      2. 必要に応じてソースコードを編集する。 +
          +
        1. プロジェクトはマルチバイト文字(Shift_JIS)用に設定されているが、ファイル名のUTF-8対応に伴い、実際の内部形式はUTF-8として扱っている(構造については"mbswrapper.c"およびその他のソースコード内のコメントを参照)。 +
        +
      3. 必要に応じてリソースを編集する。 +
          +
        1. 追加の依存ライブラリの著作権情報は、ダイアログabout_dlgの「FFFTPはfreewareです」の上のテキストに追記してください。
          + 今後の機能追加に伴い著作権情報が増える見込みのため、テキストの範囲を大きめに設定してあります。 +
        +
      4. ソリューション構成から「Debug」または「Release」を選択する。 +
      5. メニューから「ソリューションのビルド」を選択する。 +
      6. 問題が無ければ"Debug\FFFTP.exe"または"Release\FFFTP.exe"が生成される。 +
      +
    2. Visual C++ 2005 Express Editionを使用する場合 +
        +
      1. "FFFTP.vc80ee.sln"を開く。 +
      2. 必要に応じてソースコードを編集する。 +
          +
        1. プロジェクトはマルチバイト文字(Shift_JIS)用に設定されているが、ファイル名のUTF-8対応に伴い、実際の内部形式はUTF-8として扱っている(構造については"mbswrapper.c"およびその他のソースコード内のコメントを参照)。 +
        +
      3. 必要に応じてリソースを編集する。 +
          +
        1. 追加の依存ライブラリの著作権情報は、ダイアログabout_dlgの「FFFTPはfreewareです」の上のテキストに追記してください。
          + 今後の機能追加に伴い著作権情報が増える見込みのため、テキストの範囲を大きめに設定してあります。 +
        +
      4. ソリューション構成から「Debug」または「Release」を選択する。 +
      5. メニューから「ソリューションのビルド」を選択する。 +
      6. 問題が無ければ"Debug\FFFTP.exe"または"Release\FFFTP.exe"が生成される。 +
      7. ただしVisual C++ 2005 Express Editionの機能制限のため、コンパイルできないファイルが存在する場合がある。 +
      +
    3. Visual C++ 2008を使用する場合 +
        +
      1. "FFFTP.vc90.sln"を開く。 +
      2. 必要に応じてソースコードを編集する。 +
          +
        1. プロジェクトはマルチバイト文字(Shift_JIS)用に設定されているが、ファイル名のUTF-8対応に伴い、実際の内部形式はUTF-8として扱っている(構造については"mbswrapper.c"およびその他のソースコード内のコメントを参照)。 +
        +
      3. 必要に応じてリソースを編集する。 +
          +
        1. 追加の依存ライブラリの著作権情報は、ダイアログabout_dlgの「FFFTPはfreewareです」の上のテキストに追記してください。
          + 今後の機能追加に伴い著作権情報が増える見込みのため、テキストの範囲を大きめに設定してあります。 +
        +
      4. ソリューション構成から「Debug」または「Release」を選択する。 +
      5. メニューから「ソリューションのビルド」を選択する。 +
      6. 問題が無ければ"Debug\FFFTP.exe"または"Release\FFFTP.exe"が生成される。 +
      +
    +
+質問やサポートはこちらまで。
+http://sourceforge.jp/projects/ffftp/ + + +