OSDN Git Service

Wix3.6に対応した
[completeeraser/CompleteEraser.git] / CompleteEraser /
2012-10-18 konekoneko削除完了時に例外が発生することがある点を修正した
2012-10-18 konekonekoasyncを使用するようにした
2012-10-18 konekonekoVS2012に移行した
2012-08-12 konekonekoリパースポイント、スパースファイルとして作成されたに対してはゼロフィルを行わないようにした
2012-07-29 konekonekoゼロフィル時に書き込みキャッシュを使用しないようにした
2012-07-29 konekoneko一部ツールで復元できてしまう不具合を修正した
2012-07-29 konekoneko1.15.0をリリース
2012-07-29 konekonekoフォルダーの破壊処理を高速化した
2012-07-29 konekonekoファイルやフォルダーの名前を破壊する時に例外が起きることがあるバグを修正した
2012-07-28 konekoneko再帰的にフォルダーネームを破壊するようにした
2012-07-28 konekoneko1.13をリリースした
2012-07-28 konekonekoMFTのレコードサイズより小さい場合のゼロフィルが不完全だった点を修正した
2012-07-28 konekonekoフォルダー内のファイルが完全に削除されない不具合を修正した
2012-07-28 konekoneko代替ストリームを完全に破壊できるようにした
2012-02-11 konekonekoバージョンを更新した
2012-02-11 konekonekoブロックサイズを増やした
2012-02-11 konekonekoスローモード時にブロック単位で書き込むようにした
2012-02-09 konekonekoバージョンを更新した
2012-02-09 konekonekoデットロックする可能性がある個所を修正した
2011-12-29 konekonekoSVNから移行した