OSDN Git Service

GIT-20170514.
[clfsja/cross-lfs-ja.git] / src / partitioning / common / creatingfilesystem.ch
index 75e9fc7..f07a9d0 100644 (file)
@@ -76,7 +76,7 @@
 @z
 
 @x
-    <para>If the output contains features other than: dir_index; filetype;
+    <para>If the output contains features other than: dir_index; ext_attr; filetype;
     large_file; resize_inode or sparse_super then your host system may have custom
     enhancements. In that case, to avoid later problems, you should compile the
     stock E2fsprogs package and use the resulting binaries to re-create the
@@ -84,7 +84,7 @@
     as <systemitem class="username">root</systemitem>:</para>
 @y
     <para>
-    コマンドの出力結果の中に dir_index, filetype, large_file, resize_inode, sparse_super といったものとは異なるものが表示されていたら、あなたのホストシステムは機能拡張がなされていることを意味します。
+    コマンドの出力結果の中に dir_index, ext_attr, filetype, large_file, resize_inode, sparse_super といったものとは異なるものが表示されていたら、あなたのホストシステムは機能拡張がなされていることを意味します。
     後に問題となりますので、純粋な E2fsprogs パッケージをコンパイルし、これを用いて CLFS パーティションのファイルシステムを再生成してください。
     <systemitem class="username">root</systemitem> ユーザーになって以下を実行します。
     </para>