OSDN Git Service

GIT-20170514.
[clfsja/cross-lfs-ja.git] / src / final-system / x86_64-64 / glibc.ch
index d1f3929..fcddaef 100644 (file)
 @z
 
 @x
-    <para os="l5">Tell Glibc to install its libraries into
-    <filename class="directory">/lib</filename>:</para>
-@y
-    <para os="l5">
-    Glibc においてライブラリのインストール先を <filename class="directory">/lib</filename> にします。
-    </para>
-@z
-
-@x
-      <title>The meaning of the new configure option:</title>
-@y
-      <title>&MeaningOfOption1;configure &MeaningOfOption2;</title>
-@z
-
-@x --libexecdir=/usr/lib/glibc
-          <para>This changes the location of the <command>getconf</command>
-          utility from its default of <filename
-          class="directory">/usr/libexec</filename> to <filename
-          class="directory">/usr/lib/glibc</filename>.</para>
-@y
-          <para>
-          <command>getconf</command> ユーティリティーのインストールディレクトリを、デフォルトの <filename
-          class="directory">/usr/libexec</filename> でなく <filename
-          class="directory">/usr/lib/glibc</filename> に変更します。
-          </para>
-@z
-
-@x
-    <para>The install will finish by checking that everything is correctly installed.
-    Unfortunately, it will test for a multilib installation. On x86_64 Pure64 this means
-    it will try to test the non-existent 32-bit loader which has a different name
-    from the 64-bit loader (unlike on other 64-bit architectures).  We fool it by
-    creating a symlink to the real loader.</para>
+    <para os="l3">Modify the <command>ldd</command> rewrite script to prevent
+    it from adding <filename class="directory">lib64</filename> and
+    <filename class="directory">libx32</filename> to its list of linker
+    search locations:</para>
 @y
     <!--
-    日本語訳註: matsuand, 2017/04/21
-    unlike のカッコ書き部分の訳はいかがなものか..
+    日本語訳註: matsuand
+    rewrite は訳出しなかった。ldd にそういう機能性があるらしきであるが、
+    訳出することで変にくどくなってしまうことを避けることに。
     -->
-    <para>
-    インストールの最後にはすべてが正しくインストールできたかのチェックが行われます。
-    ただそこで行われるテストはマルチライブラリ用のものです。
-    x86_64 Pure64 のインストールの場合、存在しない32ビットローダーのテストを実行することになってしまいます。
-    その32ビットローダーは64ビットローダーの名称とは異なります。
-    (64ビットアークテクチャーシステムの場合も異なります。)
-    シンボリックリンクを生成してローダーが存在しているように仕向けます。
+    <para os="l3">
+    スクリプト <command>ldd</command> を修正して、リンカーの検索場所の一覧に <filename
+    class="directory">lib64</filename> ディレクトリや <filename
+    class="directory">libx32</filename> ディレクトリを加えないようにします。
     </para>
 @z
 
 @x
-    <para>Now we can remove this symlink.  We also need to correct the <command>
-    /usr/bin/ldd</command> script - if you look at this, you will see it references
-    not only the 32-bit linker, but also /lib64 where it thinks the 64-bit linker
-    is. The following <command>sed</command> will correct this:</para>
-@y
-    <para>
-    上で作ったシンボリックリンクを削除します。
-    また <command>/usr/bin/ldd</command> スクリプトを修正する必要があります。
-    以下を見れば分かると思いますが、そのスクリプトは32ビットリンカーだけでなく /lib64 ディレクトリも参照しています。
-    <command>/usr/bin/ldd</command> は 64ビットリンカーが /lib64 にあるものとして動作する状況にあるわけです。
-    以下の <command>sed</command> によりこの状況を修正します。
-    </para>
-@z
-
-@x
-    <para>Check the script to make sure the sed worked correctly, then delete
-    the backup.</para>
+    <para os="l5">Configure Glibc to install its libraries into
+    <filename class="directory">/lib</filename>:</para>
 @y
-    <para>
-    <command>ldd</command> スクリプトに対して sed コマンドが正しく適用できたことを確認してください。
-    そしてバックアップファイルは削除します。
+    <para os="l5">
+    Glibc においてライブラリのインストール先を <filename class="directory">/lib</filename> にします。
     </para>
 @z