OSDN Git Service

388d5ebd887228ebd6409f9a6c860b21a3c7cbc5
[clfsja/cross-lfs-ja.git] / src / network / common / hosts.ch
1 %
2 % This is part of CLFSja package.
3 %
4 % This is a CTIE change file for the original XML source of the CLFSbook.
5 %
6 @x
7 <?xml version="1.0" encoding="ISO-8859-1"?>
8 @y
9 <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
10 @z
11
12 @x
13   <title>Customizing the /etc/hosts File</title>
14 @y
15   <title>/etc/hosts ファイルの設定</title>
16 @z
17
18 @x
19     <primary sortas="d-network">network</primary>
20 @y
21     <primary sortas="d-network">ネットワーク</primary>
22 @z
23
24 @x
25   <para>If a network card is to be configured, decide on the IP address,
26   fully-qualified domain name (FQDN), and possible aliases for use in the
27   <filename>/etc/hosts</filename> file. The syntax is:</para>
28 @y
29   <para>
30   ネットワークカードの準備ができたら完全修飾ドメイン名 (fully-qualified domain name; FQDN) とそのエイリアス名を決定して <filename>/etc/hosts</filename> ファイルに記述します。
31   記述書式は以下のとおりです。
32   </para>
33 @z
34
35 @x
36   <para>Unless the computer is to be visible to the Internet (i.e.,
37   there is a registered domain and a valid block of assigned IP
38   addresses&mdash;most users do not have this), make sure that the IP
39   address is in the private network IP address range. Valid ranges
40   are:</para>
41 @y
42   <para>
43   インターネットに公開されていないコンピューターである場合 (つまり登録ドメインであったり、あらかじめ IP アドレスが割り当てられていたりする場合。
44   普通のユーザーはこれを持ちません。) IP アドレスはプライベートネットワーク IP アドレスの範囲で指定します。
45   以下がそのアドレス範囲です。
46   </para>
47 @z
48
49 @x
50   <para>x can be any number in the range 16-31. y can be any number in the
51   range 0-255.</para>
52 @y
53   <para>
54   x は 16 から 31、y は 0 から 255 の範囲の数値です。
55   </para>
56 @z
57
58 @x
59   <para>A valid IP address could be 192.168.1.1. A valid FQDN for this
60   IP could be <uri>www.cross-lfs.org</uri> (not recommended
61   because this is a valid registered domain address and could cause
62   domain name server issues).</para>
63 @y
64   <para>
65   IP アドレスの例は 192.168.11.1 となります。
66   また FQDN の例としては <uri>www.cross-lfs.org</uri> となります。
67   (ただしこれはお勧めしません。
68   これは登録されたドメインアドレスであってドメインネームサーバーにおいて問題を引き起こすかもしれません。)
69   </para>
70 @z
71
72 @x
73   <para>Even if not using a network card, a valid FQDN is still required.
74   This is necessary for certain programs to operate correctly.</para>
75 @y
76   <para>
77   ネットワークカードを用いない場合でも FQDN の記述は行ってください。
78   特定のプログラムが動作する際に必要となることがあるからです。
79   </para>
80 @z
81
82 @x
83   <para>Create the <filename>/etc/hosts</filename> file by running:</para>
84 @y
85   <para>
86   以下のようにして <filename>/etc/hosts</filename> ファイルを生成します。
87   </para>
88 @z
89
90 @x
91   <para>The <replaceable>[192.168.1.1]</replaceable> and
92   <replaceable>[&lt;HOSTNAME&gt;.example.org]</replaceable>
93   values need to be changed for specific users or requirements (if
94   assigned an IP address by a network/system administrator and the
95   machine will be connected to an existing network). The optional
96   alias name(s) can be omitted.</para>
97 @y
98   <para>
99   <replaceable>[192.168.1.1]</replaceable> や <replaceable>[&lt;HOSTNAME&gt;.example.org]</replaceable> の部分は利用状況に応じて書き換えてください。
100   (ネットワーク管理者から IP アドレスを指定されている場合や、既存のネットワーク環境に接続する場合など。)
101   エイリアスの記述は省略しても構いません。
102   </para>
103 @z
104
105 @x
106   <para>If a network card is not going to be configured, create the
107   <filename>/etc/hosts</filename> file by running:</para>
108 @y
109   <para>
110   ネットワークカードを設定しない場合は、以下のようにして <filename>/etc/hosts</filename> ファイルを生成します。
111   </para>
112 @z