OSDN Git Service

41161faa8cc5e68958f9fd7a28140360aca6be4c
[clfsja/cross-lfs-ja.git] / src / appendices / rationale / common.ch
1 %
2 % This is part of CLFSja package.
3 %
4 % This is a CTIE change file for the original XML source of the CLFSbook.
5 %
6 @x
7 <?xml version="1.0" encoding="ISO-8859-1"?>
8 @y
9 <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
10 @z
11
12 @x
13 <appendix id="appendixd-common" xreflabel="Appendix D">
14 @y
15 <appendix id="appendixd-common" xreflabel="付録D">
16 @z
17
18 @x
19   <title>Package Rationale</title>
20 @y
21   <title>各パッケージを用いる理由</title>
22 @z
23
24 @x
25   <para>CLFS includes many packages, a number of which might not necessarily
26   be required for a "minimal" system, but still considered very useful. The
27   purpose of this page is to list the reasoning for each package's inclusion
28   in the book.</para>
29 @y
30   <para>
31   CLFS には実に多くのパッケージが含まれます。
32   "最小" システムにとっては絶対に必要と言えないものもありますが、それでも有用なパッケージには違いありません。
33   以下に示す一覧は、本書内の各パッケージの採用根拠について説明するものです。
34   </para>
35 @z
36
37 @x ACL
38       <para>The ACL package allows usage and setting of POSIX Access Control
39       Lists. It can be used by several other packages in CLFS, such as Coreutils
40       and Systemd.</para>
41 @y
42       <para>
43       ACL パッケージは POSIX アクセスコントロールリスト (Access Control Lists) の利用および設定を提供します。
44       CLFS パッケージの中には Coreutils や Systemd のようにこれを利用しているものがあります。
45       </para>
46 @z
47
48 @x Attr
49       <para>Attr allows setting and viewing extended attributes of filesystem
50       objects. It is required by Systemd.</para>
51 @y
52       <para>
53       Attr パッケージはファイルシステムオブジェクト上の拡張属性を参照あるいは設定を行います。
54       Systemd がこれを必要としています。
55       </para>
56 @z
57
58 @x Autoconf
59       <para>The Autoconf package contains programs for producing shell scripts
60       that can automatically configure source code. This is useful for software
61       developers, as well as anyone who wants to install packages that don't
62       come with a configure script, such as some of the packages in CBLFS.</para>
63 @y
64       <para>
65       Autoconf パッケージは、ソースコードを自動的に設定する (configure する) ためのシェルスクリプトを生成するプログラムを提供します。
66       ソフトウェア開発者にとって有用なパッケージです。
67       パッケージによっては configure スクリプトが含まれていないものも CBLFS の中にはあります。
68       そういったパッケージをインストールする者にとっても有用なものです。
69       </para>
70 @z
71
72 @x Automake
73       <para>The Automake package contains programs for generating Makefiles
74       for use with Autoconf. This can be useful to software developers.</para>
75 @y
76       <para>
77       Automake パッケージは、Autoconf と併用して Makefile を生成するためのプログラムを提供します。
78       ソフトウェア開発者にとって有用なパッケージです。
79       </para>
80 @z
81
82 @x Bash
83       <para>This package contains the Bourne-Again SHell. A shell is an
84       important component of a Linux system, as there must be some way of
85       allowing the users to enter commands.</para>
86 @y
87       <para>
88       このパッケージは Bourne-Again SHell を提供します。
89       シェルというものは Linux システムにとって重要なものです。
90       ユーザーからのコマンド入力を受け入れます。
91       </para>
92 @z
93
94 @x Bc
95       <para>This package contains a precision calculator. The Linux kernel
96       uses Bc to render the timeconst header.</para>
97 @y
98       <para>
99       このパッケージは精度演算処理を提供します。
100       Linux カーネルはこのパッケージを用いて timeconst ヘッダーを提供します。
101       </para>
102 @z
103
104 @x Binutils
105       <para>This package contains programs for handling object files. The
106       programs in this package are needed for compiling most of the packages
107       in CLFS.</para>
108 @y
109       <para>
110       このパッケージはオブジェクトファイルを取り扱うプログラムを提供します。
111       CLFS におけるパッケージのコンパイルには、必ずといってよいほど本パッケージのプログラムを利用します。
112       </para>
113 @z
114
115 @x Bison
116       <para>This package contains programs that are required by several
117       packages in CLFS.</para>
118 @y
119       <para>
120       本パッケージは、いくつかの CLFS パッケージにおいて必要となるプログラムを提供します。
121       </para>
122 @z
123
124 @x Bzip2
125       <para>The programs in this package are useful for compressing files to
126       reduce size. They are also needed to uncompress tarballs for many
127       CLFS packages.</para>
128 @y
129       <para>
130       このパッケージが提供するプログラムはファイルを圧縮してサイズ縮小する有用なものです。
131       また CLFS パッケージの tarball を伸張 (解凍) する際にも用います。
132       </para>
133 @z
134
135 @x CLFS-Boot-scripts
136       <para>This package contains a number of scripts that run at boottime,
137       performing essential tasks such as mounting/checking filesystems and
138       starting the network interface.</para>
139 @y
140       <para>
141       このパッケージはシステム起動時に実行するスクリプトを数多く提供します。
142       ファイルシステムのマウントやチェック、ネットワークインターフェースの起動などの基本的なタスクを実現します。
143       </para>
144 @z
145
146 @x Check
147       <para>This package contains a test harness for other programs. It is
148       used for some packages' test suites.</para>
149 @y
150         <para>
151         このパッケージは、他のプログラムに対するテストハーネス (test harness) を提供します。
152         テストスイートの実行のためにこれを必要とするパッケージがあります。
153         </para>
154 @z
155
156 @x CLooG
157       <para>This package is used by GCC to enable its Graphite loop generation
158       code.</para>
159 @y
160       <para>
161       このパッケージは GCC の Graphite ループ生成コードを有効にするために用いられます。
162       </para>
163 @z
164
165 @x Coreutils
166       <para>This package contains many basic command-line file-management
167       tools, required for installation of every package in CLFS.</para>
168 @y
169       <para>
170       このパッケージはファイル操作を行う基本的なコマンドラインプログラムを多く提供します。
171       CLFS のすべてのパッケージのインストールにて必要となります。
172       </para>
173 @z
174
175 @x D-Bus
176       <para>D-Bus is a message bus system, which allows applications to
177       communicate to each other. It is used by Systemd.</para>
178 @y
179       <para>
180       D-Bus はメッセージバスシステムです。
181       アプリケーション間の相互通信を可能にします。
182       これは Systemd において用いられています。
183       </para>
184 @z
185
186 @x DejaGNU
187       <para>This package is needed for the test suites of several packages,
188       especially GCC and Binutils.</para>
189 @y
190       <para>
191       このパッケージはテストスイート実行のために必要としているパッケージがあります。
192       特に GCC と Binutils はこれを必要としています。
193       </para>
194 @z
195
196 @x DHCPCD
197       <para>This package allows for automatic configuration of network
198       interfaces from a DHCP server. It (or some other package providing a
199       DHCP client is needed to connect to a DHCP server.</para>
200 @y
201       <para>
202       このパッケージは DHCP サーバーからネットワークインターフェース情報を自動的に設定する機能を実現します。
203       DHCP サーバーに接続するためには DHCP クライアントが必要です。
204       </para>
205 @z
206
207 @x Diffutils
208       <para>This package contains programs to compare files, and can also
209       be used to create patches. It is required by the installation procedures
210       of many CLFS packages, and used by many packages' test suites.</para>
211 @y
212       <para>
213       このパッケージはファイル同士の比較、あるいはパッチの生成を実現します。
214       CLFS パッケージのインストール時にこれを必要とするものが多くあります。
215       あるいはテストスイートの実行に必要とするものもあります。
216       </para>
217 @z
218
219 @x Eudev
220       <para>This is a package that allows for dynamic creation of device nodes.
221       It is a fork of Udev, which is now part of Systemd. It is still
222       used for the "Boot" method in the temp-system, as Systemd is not needed
223       there.</para>
224 @y
225       <para>
226       このパッケージはデバイスノードの動的生成機能を提供します。
227       Udev からフォークしたものであり、現在は Systemd の一部に取り込まれています。
228       一時システム内でのシステム起動方式に用いるもので、その段階ではまだ Systemd が不要であるためです。
229       </para>
230 @z
231
232 @x Expect
233       <para>This package is needed for the test suites for several packages.</para>
234 @y
235       <para>
236       このパッケージはテストスイートの実行に必要としているパッケージがあります。
237       </para>
238 @z
239
240 @x E2fsprogs
241       <para>The programs in this package are used for the creation and
242       maintenance of ext2/3/4 filesystems.</para>
243 @y
244       <para>
245       このパッケージが提供するプログラムにより ext2/3/4 ファイルシステムの生成と保守を行うことができます。
246       </para>
247 @z
248
249 @x File
250       <para>This package contains a program that determines the type of
251       a given file. It is needed by some CLFS packages.</para>
252 @y
253         <para>
254         このパッケージは、指定されたファイルの種類を判別するプログラムを提供します。
255         CLFS パッケージの中にこれを必要とするものがあります。
256         </para>
257 @z
258
259 @x Findutils
260       <para>This package contains programs for finding files based on certain
261       criteria, and optionally performing commands on them. These programs
262       are used by the installation procedures of many CLFS packages.</para>
263 @y
264       <para>
265       このパッケージは、特定の検索基準に基づいてファイルを検索するプログラムを提供します。
266       CLFS パッケージのインストール手順にて多用されています。
267       </para>
268 @z
269
270 @x Flex
271       <para>This package contains a tool for generating text scanners. It is
272       used by multiple packages in CLFS</para>
273 @y
274       <para>
275       このパッケージはテキスト走査を実現するツールを提供します。
276       CLFS パッケージの中にこれを用いているものがあります。
277       </para>
278 @z
279
280 @x Gawk
281       <para>This package contains programs for manipulating text files, using
282       the AWK language. It is used by the installation procedures of many
283       packages in CLFS.</para>
284 @y
285       <para>
286       このパッケージは AWK 言語を用いてテキストファイルを操作するプログラムを提供します。
287       CLFS パッケージのインストール手順にて多用されています。
288       </para>
289 @z
290
291 @x Gcc
292       <para>This package contains a C compiler, which is required to compile
293       most of the packages in CLFS.</para>
294 @y
295       <para>
296       このパッケージは C コンパイラーを提供します。
297       CLFS パッケージをコンパイルするのにたいていは必要となります。
298       </para>
299 @z
300
301 @x GDBM
302       <para>This package contains the GNU Database Manager library. Man-DB
303       requires either GDBM or Berkeley DB, though it prefers GDBM.</para>
304 @y
305       <para>
306       このパッケージは GNU データベースマネージャーライブラリを提供します。
307       Man-DB パッケージが GDBM あるいは Berkeley DB を必要としており、GDBM の方が適切なものです。
308       </para>
309 @z
310
311 @x Gettext
312       <para>A tool that allows programmers to easily implement i18n
313       (internationalization) in their programs. It is a required dependency
314       for a number of packages</para>
315 @y
316       <para>
317       プログラム開発者が i18n (国際化) 対応を用意にできるツールです。
318       他パッケージの多くがこれに依存しています。
319       </para>
320 @z
321
322 @x Glibc
323       <para>Any dynamically-linked C program (nearly every package in CLFS
324       has these) needs a C library to compile and run.</para>
325 @y
326       <para>
327       動的リンクの C プログラム (ほぼすべての CLFS パッケージ) がコンパイルおよび実行に必要としている C ライブラリです。
328       </para>
329 @z
330
331 @x GMP
332       <para>This package is required by GCC.</para>
333 @y
334       <para>
335       GCC が本パッケージを必要としています。
336       </para>
337 @z
338
339 @x Gperf
340       <para>This package is required by Systemd.</para>
341 @y
342       <para>
343       Systemd が本パッケージを必要としています。
344       </para>
345 @z
346
347 @x Grep
348       <para>This package contains programs for searching for text in files.
349       These programs are required by many packages in CLFS.</para>
350 @y
351       <para>
352       このパッケージはファイル内のテキストを検索するプログラムを提供します。
353       CLFS パッケージの多くがこれを必要としています。
354       </para>
355 @z
356
357 @x Groff
358       <para>This package is required by Man-DB.</para>
359 @y
360       <para>
361       Man-DB が本パッケージを必要としています。
362       </para>
363 @z
364
365 @x Gzip
366       <para>Useful for compressing files to reduce size. It is also needed to
367       uncompress tarballs for many CLFS packages</para>
368 @y
369       <para>
370       このパッケージが提供するプログラムはファイルを圧縮してサイズ縮小する有用なものです。
371       また CLFS パッケージの tarball を伸張 (解凍) する際にも用います。
372       </para>
373 @z
374
375 @x Iana-Etc
376       <para>This package provides the <filename>/etc/services</filename> and
377       <filename>/etc/protocols</filename> files. These files map port names to
378       port numbers as well as protocol names to their corresponding numbers.
379       These files are essential for many network based programs to work properly.</para>
380 @y
381       <para>
382       このパッケージは <filename>/etc/services</filename> ファイルと <filename>/etc/protocols</filename> ファイルを提供します。
383       このファイルはポート名をポート番号にマッピングさせ、またプロトコル名を対応する番号にマッピングさせます。
384       ネットワーク関連のプログラムを正常動作させるためにはこのファイルが必要となります。
385       </para>
386 @z
387
388 @x Intltool
389       <para>This package is required by Systemd.</para>
390 @y
391       <para>
392       Systemd が本パッケージを必要としています。
393       </para>
394 @z
395
396 @x IProute2
397       <para>This package contains programs for administering network
398       interfaces.</para>
399 @y
400       <para>
401       このパッケージはネットワークインターフェースを管理するプログラムを提供します。
402       </para>
403 @z
404
405 @x IPutils
406       <para>This package contains several basic network-management tools.</para>
407 @y
408       <para>
409       このパッケージは基本的なネットワーク管理ツールを提供します。
410       </para>
411 @z
412
413 @x ISL
414       <para>This package is required by CLooG.</para>
415 @y
416       <para>
417       CLooG が本パッケージを必要としています。
418       </para>
419 @z
420
421 @x Kbd
422       <para>Contains keytable files and keyboard utilities compatible with the
423       Linux kernel. These can be used to change the display font and keyboard
424       layout.</para>
425 @y
426       <para>
427       Linux カーネルと互換性のあるキーテーブルファイルやキーボードユーティリティーを提供します。
428       ディスプレイフォントやキーボードレイアウトの設定にも利用されます。
429       </para>
430 @z
431
432 @x Kmod
433       <para>This package contains programs that assist in loading an unloading
434       kernel modules.</para>
435 @y
436       <para>
437       このパッケージはカーネルモジュールのロード、アンロードをサポートするプログラムを提供します。
438       </para>
439 @z
440
441 @x Less
442       <para>A program that lets you view text files one page at a time.
443       It is also used by Man-DB for displaying manpages.</para>
444 @y
445       <para>
446       テキストファイルを1ページずつ表示するプログラムです。
447       Man-DB において man ページを表示する際にも用いられます。
448       </para>
449 @z
450
451 @x Libcap
452       <para>This package is required by Systemd.</para>
453 @y
454       <para>
455       Systemd が本パッケージを必要としています。
456       </para>
457 @z
458
459 @x Libpipeline
460       <para>The Libpipeline package contains a library for manipulating
461       pipelines of subprocesses in a flexible and convenient way. It is
462       required by the Man-DB package.</para>
463 @y
464       <para>
465       Libpipeline パッケージは柔軟かつ便利にサブプロセスのパイプラインを制御するライブラリを提供します。
466       Man-DB パッケージがこれを必要としています。
467       </para>
468 @z
469
470 @x Libtool
471       <para>The Libtool package contains the GNU generic library support
472       script. It is used by some CLFS packages.</para>
473 @y
474       <para>
475       Libtool パッケージは GNU 汎用ライブラリをサポートするスクリプトを提供します。
476       CLFS パッケージの中にこれを用いるものがあります。
477       </para>
478 @z
479
480 @x Linux Headers
481       <para>Linux Headers</para>
482       <para>This package consists of santized headers from the Linux Kernel.
483       These headers are required for Glibc to compile.</para>
484 @y
485       <para>Linux ヘッダー</para>
486       <para>
487       このパッケージは健全化 (sanitized) された Linux カーネルヘッダーを提供します。
488       ヘッダーは Glibc のコンパイルに必要です。
489       </para>
490 @z
491
492 @x Linux Kernel
493       <para>Linux Kernel</para>
494       <para>The Linux operating system.</para>
495 @y
496       <para>Linux カーネル</para>
497       <para>
498       Linux オペレーティングシステム。
499       </para>
500 @z
501
502 @x M4
503       <para>This package contains a macro processor. It is required by several
504       CLFS packages, including Bison.</para>
505 @y
506       <para>
507       このパッケージはマクロプロセッサーを提供します。
508       Bison などのように CLFS パッケージにてこれを用いるものがあります。
509       </para>
510 @z
511
512 @x Make
513       <para>This is required for installation of most CLFS packages</para>
514 @y
515       <para>
516       CLFS パッケージのインストールにおいて、たいてい必要となります。
517       </para>
518 @z
519
520 @x Man-DB
521       <para>This package contains programs for finding and viewing man pages,
522       and has superior internationalization capabilities compared to the
523       <application>Man</application> package.</para>
524 @y
525       <para>
526       このパッケージは man ページを検索し表示するプログラムを提供します。
527       <application>Man</application> パッケージに比べて国際化対応に優れています。
528       </para>
529 @z
530
531 @x Man-Pages
532       <para>A number of useful manpages, not supplied by other packages</para>
533 @y
534       <para>
535       他のパッケージからは提供されない、有用で豊富な man ページを提供します。
536       </para>
537 @z
538
539 @x MPC
540       <para>This package is required by GCC.</para>
541 @y
542       <para>
543       GCC が本パッケージを必要としています。
544       </para>
545 @z
546
547 @x MPFR
548       <para>This package is required by GCC.</para>
549 @y
550       <para>
551       GCC が本パッケージを必要としています。
552       </para>
553 @z
554
555 @x Ncurses
556       <para>Needed by several packages in CLFS, such as Vim, Bash, and Less</para>
557 @y
558       <para>
559       Vim, Bash, Less などのように CLFS パッケージにてこれを用いるものがあります。
560       </para>
561 @z
562
563 @x Patch
564       <para>Used for applying patches in several CLFS packages</para>
565 @y
566       <para>
567       CLFS パッケージにてパッチを適用するために用いられます。
568       </para>
569 @z
570
571 @x Perl
572       <para>The Perl package contains the Practical Extraction and Report
573       Language. It is required by several CLFS packages.</para>
574 @y
575       <para>
576       Perl パッケージは Perl 言語 (Practical Extraction and Report Language) を提供します。
577       </para>
578 @z
579
580 @x Pkg-config-lite
581       <para>Several packages in CLFS, and many others outside of CLFS,
582       use <command>pkg-config</command> to locate dependencies.</para>
583 @y
584       <para>
585       CLFS パッケージにおいて、あるいは CLFS で取り扱っていないパッケージにおいて <command>pkg-config</command> を用いて依存パッケージを検出します。
586       </para>
587 @z
588
589 @x Procps-ng
590       <para>Provides a number of small, useful utilities that give information
591       about the <filename class="directory">/proc</filename> filesystem.</para>
592 @y
593       <para>
594       <filename class="directory">/proc</filename> ファイルシステムに関する情報を提供する有用なユーティリティーを提供します。
595       </para>
596 @z
597
598 @x Psmisc
599       <para>Provides more utilties that give information about the
600       <filename class="directory">/proc</filename> filesystem.</para>
601 @y
602       <para>
603       <filename class="directory">/proc</filename> ファイルシステムに関する情報を提供する更なるユーティリティーを提供します。
604       </para>
605 @z
606
607 @x Readline
608       <para>The Readline library provides a set of functions for use by
609       applications that allow users to edit command lines as they are typed
610       in. This is essential for input in programs like <command>bash</command>
611       to work properly.</para>
612 @y
613       <para>
614       Readline ライブラリはコマンドライン上での入力編集を行うアプリケーションに用いられる関数を提供します。
615       これは <command>bash</command> のようなプログラムにおける入力機能を正常動作させるために必要です。
616       </para>
617 @z
618
619 @x Sed
620       <para>This package contains a stream editor. It is used in the
621       installation procedures of most CLFS packages.</para>
622 @y
623       <para>
624       このパッケージはストリームエディターを提供します。
625       CLFS パッケージのインストール手順においてたいてい必要となります。
626       </para>
627 @z
628
629 @x Shadow
630       <para>This package contains programs that assist in the administration
631       of users and groups, and passwords.</para>
632 @y
633       <para>
634       このパッケージはユーザー、グループ、そのパスワードの管理をサポートするプログラムを提供します。
635       </para>
636 @z
637
638 @x Systemd
639       <para>Systemd provides the init daemon for the system, as well as Udev,
640       which dynamically creates device nodes.</para>
641 @y
642       <para>
643       Systemd は Udev と同様にシステム初期化デーモンを提供し、動的にデバイスノードを生成します。
644       </para>
645 @z
646
647 @x Tar
648       <para>Required to unpack the tar archives in which all CLFS packages
649       are distributed</para>
650 @y
651       <para>
652       CLFS パッケージにて提供されているアーカイブを伸長 (解凍) するために必要です。
653       </para>
654 @z
655
656 @x Tcl
657       <para>Needed for the test suites of several packages</para>
658 @y
659       <para>
660       パッケージのテストスイートよってはこれを必要とするものがあります。
661       </para>
662 @z
663
664 @x Texinfo
665       <para>This package contains programs for viewing, installing and
666       converting info pages. It is used in the installation procedures
667       of many CLFS packages.</para>
668 @y
669       <para>
670       このパッケージは info ページの参照、インストール、変換を行うプログラムを提供します。
671       CLFS パッケージの多くはインストール時にこれを利用しています。
672       </para>
673 @z
674
675 @x Util-linux
676       <para>The Util-linux package contains miscellaneous utility programs.
677       Among them are utilities for handling file systems, consoles,
678       partitions, and messages. It also includes libraries that are required
679       by E2fsprogs.</para>
680 @y
681       <para>
682       Util-linux パッケージはユーティリティープログラムを数多く提供します。
683       その中には、ファイルシステムやコンソール、パーティション、メッセージなどを取り扱うユーティリティがあります。
684       またここに含まれるライブラリは E2fsprogs が必要としています。
685       </para>
686 @z
687
688 @x Vim
689       <para>The Vim package contains a text editor. Users may substitute Nano,
690       Joe, Emacs, or whatever other editor they prefer.</para>
691 @y
692       <para>
693       Vim パッケージはテキストエディターです。
694       他のエディターを用いたい場合は Nano, Joe, Emacs などを採用してください。
695       </para>
696 @z
697
698 @x XML::Parser
699       <para>This Perl module is required by Intltool.</para>
700 @y
701       <para>
702       この Perl モジュールは Intltool が必要としています。
703       </para>
704 @z
705
706 @x XZ Utils
707       <para>Useful for compressing files to reduce size. Also needed to
708       uncompress tarballs for many CLFS packages</para>
709 @y
710       <para>
711       ファイルを圧縮してサイズ縮小する有用なプログラムです。
712       また CLFS パッケージの tarball を伸張 (解凍) する際にも用います。
713       </para>
714 @z
715
716 @x Zlib
717       <para>The Zlib package contains compression and decompression routines
718       used by some programs.</para>
719 @y
720       <para>
721       Zlib パッケージは圧縮、伸張 (解凍) ルーチンを提供します。
722       特定のプログラムがこれを用いています。
723       </para>
724 @z