OSDN Git Service

add icon file
authorkei9 <kei9@users.sourceforge.jp>
Tue, 17 Dec 2013 14:14:15 +0000 (23:14 +0900)
committerkei9 <kei9@users.sourceforge.jp>
Tue, 17 Dec 2013 14:14:15 +0000 (23:14 +0900)
revise readme explanation
revise make script

AmuletToolsMH4.spec
icon/amulettoolsmh4.gfie [new file with mode: 0644]
icon/amulettoolsmh4.icns [new file with mode: 0644]
icon/amulettoolsmh4.ico [new file with mode: 0644]
make.py
readme.txt
view/constnumbers.py

index 16cb532..1ee4bf0 100644 (file)
@@ -13,7 +13,7 @@ exe = EXE(pyz,
           a.zipfiles,
           a.datas,
           name='AmuletToolsMH4.exe',
-          debug=True,
+          debug=False,
           strip=None,
           upx=True,
-          console=True )
+          console=False , icon='icon\\amulettoolsmh4.ico')
diff --git a/icon/amulettoolsmh4.gfie b/icon/amulettoolsmh4.gfie
new file mode 100644 (file)
index 0000000..5a559b8
Binary files /dev/null and b/icon/amulettoolsmh4.gfie differ
diff --git a/icon/amulettoolsmh4.icns b/icon/amulettoolsmh4.icns
new file mode 100644 (file)
index 0000000..12c67f2
Binary files /dev/null and b/icon/amulettoolsmh4.icns differ
diff --git a/icon/amulettoolsmh4.ico b/icon/amulettoolsmh4.ico
new file mode 100644 (file)
index 0000000..7ddbc98
Binary files /dev/null and b/icon/amulettoolsmh4.ico differ
diff --git a/make.py b/make.py
index 1a4782c..2907f5a 100644 (file)
--- a/make.py
+++ b/make.py
@@ -7,27 +7,27 @@ import subprocess
 import tempfile
 import os
 import os.path
+import sys
 import shutil
 
 import convertcoding
 func = lambda path_list: os.path.join(convertcoding.convert_unicode(
     os.path.dirname(os.path.abspath(__file__))), *path_list)
-"""
-BUNDLE_RESOURCES = [(r"view/mainframe.xrc", r"d:\\Git\\AmuletToolsMH4\\view\\mainframe.xrc"),
-       (r"view/gaugedialog.xrc", r"d:\\Git\\AmuletToolsMH4\\view\\gaugedialog.xrc")]
-"""
 BUNDLE_RESOURCES = [(ur"view/mainframe.xrc", func([u"view", u"mainframe.xrc"])),
        (ur"view/gaugedialog.xrc", func([u"view", u"gaugedialog.xrc"]))]
 MOVE_FILES = [u"data.zip", u"readme.txt", u"license.txt"]
 
-
 SCRIPTFILE = u"amulettool.py"
 APPNAME = u"AmuletToolsMH4"
 
 MAKESPEC = u"pyi-makespec"
 PYINSTALLER = u"pyinstaller"
+ICONFILE_WIN = u"icon/amulettoolsmh4.ico"
+ICONFILE_MAC = u"icon/amulettoolsmh4.icns"
 
-SPECOPTIONS = [u"--onefile", u"--windowed", u"--name=" + APPNAME]
+SPECOPTIONS_WIN = [u"--onefile", u"--windowed", u"--icon=" + ICONFILE_WIN, u"--name=" + APPNAME]
+SPECOPTIONS_MAC = [u"--onefile", u"--windowed", u"--icon=" + ICONFILE_MAC, u"--name=" + APPNAME]
+SPECOPTIONS_LINUX = [u"--onefile", u"--windowed", u"--name=" + APPNAME]
 
 def get_insert_lines():
     result = []
@@ -37,8 +37,15 @@ def get_insert_lines():
 
 if __name__ == "__main__":
     print u"file path: ", os.path.dirname(os.path.abspath(__file__))
-    
-    cmd = [MAKESPEC] + SPECOPTIONS + [SCRIPTFILE]
+
+    if sys.platform.startswith(u"win"):
+        cmd = [MAKESPEC] + SPECOPTIONS_WIN + [SCRIPTFILE]
+    elif sys.platform.startswith(u"linux"):
+        cmd = [MAKESPEC] + SPECOPTIONS_LINUX + [SCRIPTFILE]
+    elif sys.platform.startswith(u"darwin"):
+        cmd = [MAKESPEC] + SPECOPTIONS_MAC + [SCRIPTFILE]
+    else:
+        raise OSError(u"this operating system is not supported!")
     print " ".join(cmd)
     out = subprocess.check_output(cmd)
     print out
index 8bfea29..9483336 100644 (file)
@@ -2,7 +2,7 @@
 概要
 -------------------------------------------------
 ソフトウェア名: AmuletToolsMH4
-version: 0.1.3
+version: 0.2.0
 Copyright (C) 2013 key9
 
 Nintendo3DS用ソフトであるMomsterHunter4の
@@ -12,7 +12,7 @@ Nintendo3DS用ソフトであるMomsterHunter4の
 -------------------------------------------------
 動作環境
 -------------------------------------------------
-exeファイルは Windows 7(32/64bit) で動作確認済みです。
+Windows 7(32/64bit) / Debian7.2(32/64bit) /Ubuntu12.04(32/64bit) で動作確認済みです。
 
 -------------------------------------------------
 ライセンス
@@ -29,10 +29,8 @@ exeファイルは Windows 7(32/64bit) で動作確認済みです。
     GNU Library General Public License, Version 2
 
 csvファイルを圧縮した"data.zip"は
-お守りスレで配布されていた"第二スキル逆引き_簡素.xls"を
-csvファイルに変換し、圧縮したものです。
-(2013/11/27時点の内容に基づきます)
-このファイルの著作権は.xlsファイル製作者様に帰属します。
+解析スレ781氏のxlsファイルに基づきます。
+このファイルのライセンスは781氏に帰属します。
 
 -------------------------------------------------
 使い方
@@ -43,24 +41,30 @@ csvファイルに変換し、圧縮したものです。
 この作業には時間がかかる場合がありますが、
 しばらく放置しておけば問題ありません。
 
-ソフトウェアには5つのタブがあります
+ソフトウェアには6つのタブがあります
 ・"Seed2の特定"タブ
 天運の錬金によって得られた各お守りの第2スキルからSeed2の値の特定が行えます。
 また、検索結果のSeed2の値を選択して"対応スキル検索"ボタンを押すと
 別タブにて対応するスキルの検索も可能です。
 
 ・"Seed2対応スキル"タブ
-Seed値を入力し、天運の錬金で得られるお守りの第2スキルと判定値1を表示できます。
+Seed値を入力し、天運の錬金で得られるお守りの第2スキルと判定値1,2を表示できます。
 後述する"設定タブ"の設定により、スキルや判定値のハイライトが行えます
 
+・Seed1特定タブ
+天運の錬金で古びたお守りのみ、あるいは歪んだお守りのみで錬金をした際の結果から、
+Seed1を特定することができます。
+また、特定したSeed1と同テーブルに存在し、通し番号の隣接する他のSeed1をリストアップします。
+
 ・"お守り検索"タブ
 お守りの種類、第1スキル、第2スキルの値、スロット数を指定し、
 そのお守りが作られるSeed2の値を検索します。
 また、検索結果のSeed2の値を選択して"対応スキル検索"ボタンを押すと
 別タブにてそのSeed2の値から生成される第2スキルの一覧を見ることができます。
 
-・"第2スキル固定手順"タブ
-2chスレテンプレより転載してあります。
+・"説明"タブ
+2chスレテンプレを編集して載せてあります。
+第2スキルの固定手順と、Seed1,2がどの値に影響を与えるかをまとめてあります。
 参考にしつつスキルの固定を行ってください。
 
 ・"設定"
@@ -82,6 +86,14 @@ A. アプリケーションの置かれているディレクトリに日本語
 -------------------------------------------------
 更新情報
 -------------------------------------------------
+2013/12/17 version0.2.0
+    DBにSeed1検索用のデータ、Seed2に対応する判定値2、いにしえの錬金のデータを追加
+    Seed1検索の対応
+    Seed2対応スキル表示に判定値2、いにしえの錬金の結果の追加
+    説明タブにSeed1,2の影響する値を追加
+    Seed2固定手順の説明文の修正
+    その他微修正
+
 2013/12/09 version0.1.3
     DBの修正
     ライセンス文の修正
index 18afe69..7506b1b 100644 (file)
@@ -77,7 +77,7 @@ XRC_MAIN_FRAME = u"mainframe.xrc"
 
 # for about
 NAME = u"Amulet Tools MH4"
-VERSION = u"0.1.3"
+VERSION = u"0.2.0"
 AUTHOR = u"kei9"
 COPYRIGHT = u"(C) 2013 kei9"
 DESCRIPTION = u"""MH4のお守り厳選用ツールです"""